スタイルのある庭暮らし、理想の庭づくりをご一緒に。

トップページ > ガーデン植物講座 > 環境負荷を軽減する植栽 > 防災、防犯に役立つ植栽

ガーデンに役立つ情報が満載!ガーデン植物講座

環境負荷を軽減する植栽

5. 防災、防犯に役立つ植栽

 近年の異常気象や地震などによる災害の対策として少しでも植物を活かすことができます。樹木の中には火災の拡大を阻止したり、延焼の速度を遅らせる効果の高いものがあり、通常常緑樹や水分を樹幹に多く含む樹木はより燃えにくくなります。特に住宅が密集するエリアでは随所に植栽していくことが望まれます。燃えにくい樹木には、イヌマキ、コウヤマキ、アカガシ、スダジイ、アラカシ、シラカシ、タブノキ、ヤブニッケイ、モチノキ、クロガネモチ、ネズミモチ、シャリンバイ、カナメモチ、ヤマモモ、フクギ、タラヨウ、ツバキ類、サザンカ、モッコク、サカキ、シキミ、キョウチクトウ、サンゴジュ、マサキ、アオキ、ヤツデ、ユズリハ、ユズリハ、カラタチ、ナナカマドなどがあげられます。逆に、燃えやすい脂分を多く含む樹木にはアカマツ、クロマツ、ヒマラヤシーダ、スギ、タイサンボク、キンモクセイ、シュロ、マダケ、オカメザサ、クマザサなどです。極端に選択の際に燃えにくいものばかりを選ぶ必要はありませんが、念頭において選択の参考にするとよいでしょう。

 台風などの大風によって潮風(塩害)に強い樹木としては、アラカシ、シラカシ、マテバシイなどの表皮組織のクチクラ層が発達しているものは、付着塩分が葉肉へ容易に浸入できないため強いといえます。他には、落葉広葉樹ではアキニレ、ポプラが比較的強いといえます。また低木でもトベラやキョウチクトウ、ハマヒサカキなども海岸沿岸で植栽できます。メンテナンスとしては、台風の後すぐに高木も含め水で塩分を洗い流すだけでもかなり効果が期待できます。

 次に防犯に役立つ樹木には、刺を有する樹木やつる性植物が有効です。ピラカンサ、ボケ、メギ、ヒイラギナギなどの樹木を生垣と並列して植栽するとより効果的です。つる性植物もトレリスなどのエクステリア資材とうまく組み合わせてバラ、サルトリイバラ、ノイバラがあげられます。また、生垣も1条植えよりも2条植えにすると幅があることにより侵入がし難くなります。防犯に関しては、センサーライトやフェンスなどの工夫により植栽と組み合わせる方法が望まれます。


菜園生活パーフェクトブック 絶賛発売中!

ガーデン植物講座のコーナーでもお馴染みの藤岡成介先生が監修・執筆された本『菜園生活パーフェクトブック』が全国の書店にて発売されています。

菜園生活パーフェクトブックを注文する width=
藤岡 成介(ふじおか せいすけ)
1963年兵庫県生まれ。ガーデニングによる花と緑があふれるまちづくりを提唱し指導している。園芸肥料メーカー勤務を通し本格的に植物との関わりを持つ。90年に独立。ガーデニングコンサルタント会社・環境文化センターを設立し、現在に至る。株式会社タカショー 顧問。家庭菜園を始める・続けるためのベストガイド『菜園生活パーフェクトブック』の監修・著。
監修:藤岡 成介(ふじおか せいすけ)